美しい輸入額絵の店 クラーベル

ルドゥーテ,ボタニカルアート(植物画)販売,花の絵,鳥の絵,果物の絵
額つき,額装済み,24時間以内出荷だからすぐに届く!すぐに飾れる!

お問い合わせ・ご注文は・・・ TEL:03-6277-3563

クラーベル ロゴ
トップページ お支払い・配送について 運営者の紹介 お問い合わせ カート(かご)の中
会員ID パスワード  ログイン

当店で扱うルドゥーテ原本は、どこが違うのか

きわめて価値の高いものを扱っております。
では、どういう点が違うのかどういう点で価値が高いとされるのか
それを、このページではわかりやすく解説していこうと思います。

<<--こちら左側が、トップページにあります、ルドゥーテ「バラ図譜」オクタヴォ判・原本作品のアイコンです。

ここにも書いてあります、「価値の高い初版」というもの。
これが、ポイントです。

以下より、「バラ図譜」がどのように作られたのか、ものによってどのような違いがあるのか、具体的に見ていきたいと思います。

ルドゥーテ 「バラ図譜」
 オクタヴォ判

価値の高い初版で、ためいき
ものの美しさ。額装選べます。



ルドゥーテ「バラ図譜」の作られた過程

「バラ図譜」オクタヴォ判は、1824年にフランスにて制作されたものです。
その「バラ図譜」が作られ流通した経緯を、簡単な図にまとめました。

ふつうの芸術作品である油絵などとは違い、図鑑としての目的で作られる植物画は、いわば「印刷物」として作られます。原画をもとに、銅版をおこし、版画のかたちで刷って流通させるわけです。
なお、下図の(ウ)(エ)(オ)が、"original"、「オリジナルプリント」、「アンティークプリント」と一般に言われるものです。当店では「複製画」と区別して「原本」と呼んでいます。複製画とは、これら原本を何らかの方法で複製したものです。

では、その成り立ちを、順を追って見ていきましょう。

(ア)原画 
まず、ルドゥーテ自身が原画を描きます。
これは、犢皮紙(とくひし)という、子牛の皮でできたものに描いたものです(ちなみに、この貴重な原画は、ルーブルの図書室に保管してあったのですが、1871年のパリ・コミューンの際に火災で焼失、現存しません)。
 
(イ)銅版
次に、この原画をもとに(イ)銅版 を作ります。ルドゥーテはこの銅版で独自の技法を開発しました。線ではなく、点によって多色刷りによって、原画を表現し、製版したのです。この技法により、花の絵から黒い輪郭線が取り払われ、あの美しいバラが表現できるようになったのです。
 
(ウ)初版 (1824-26年)
そしてその銅版から刷った最初の版画が、(ウ)初版です。これは、美術史上たいへん評価されるもので、(イ)で述べたルドゥーテ独自の「点」による描画、美しく丁寧な仕上がりの彩色、ルドゥーテ画の美しさをあますところなく表現しているものです。
 
(エ)第二版(1828-29年)、(オ)第三版(1835年)
しかしこれが、(エ)(オ)の二版・三版となりますと、状況が変わってきます。
簡単にいうと、手を抜いてくるのです。
初版の際、神業のようなきめこまかさで、美しい色彩で描かれたバラが一転、黒一色で刷ったうえに大雑把に色が塗られた感じになってきます。そういったものが多くあります。
ただ、バラ一つ一つに対する植物学上の分類は、初版時に見つかった誤りが正され、科学的な意味での正確性は向上しています。

「バラ図譜」初版と後刷りとの比較

以下、実際の現物で比較してみます。
両者まったく同じ図柄のものはあいにく手元にありませんので、似た構図のもので比較していきます。

比較 1. 全体像

初版

後刷り(二版または三版)

 

 

色彩に透明感があり、美しい

全体が黒っぽく、輪郭が目立ち、
上品さが失われている


比較 2. 花びらのようす

初版

後刷り(二版または三版)

 

 

アップになっても、花の色に「黒」を
感じることがない

輪郭の黒と、花びらのピンクの色が混じり、
黒ずんでしまっている (両者、花の大きさが
違うだけで縮尺は同じです)


比較 3. つぼみのようす

初版

後刷り(二版または三版)

 

 

つぼみの先端までも、輪郭がないゆえ、
消えゆくように伸びやかに、繊細に
描かれている。

こういった細かい部分は特に、黒い輪郭が
目立ち、繊細さが失われている(両者、花の
大きさが違うだけで縮尺は同じです)


比較 4. 葉のようす

初版

後刷り(二版または三版)

 

 

びっしりとした細かい点描によって、葉が一枚一枚
しっとりと描かれている。

大ざっぱに色が塗られている感じがする。
特に葉のギザギザは、塗り残しのアラが目立つ。
(両者、花の大きさが違うだけで縮尺は同じです)

当店で扱っているのは、初版だけです

 このように、同じルドゥーテの「バラ図譜」、本物のオリジナルプリントであっても、版によって質が大きく違います。当然、市場での評価も大きく異なり、価格には数倍の開きがあります。

そういった事情から、初版はなかなか流通しておらず、貴重なものです。

当店の「バラ図譜」オクタヴォ判は、すべて初版のものです。さらに、保存状態の良い美しいものばかりです。

せっかくなら、ルドゥーテの真価を味わえる最高のものを手に入れたいですよね。
お客さまにとっては、一生ものにふさわしい、素晴らしいコレクションとなるのではないでしょうか。


以上、参考文献:
「世界版画史」青木茂 監修 美術出版社 2001年
「バラの画家 ルドゥテ」シャルル・レジェ著、高橋達明訳 八坂書房 2005年
「植物学と植物画」大場秀章 著 八坂書房 2003年

ルドゥーテ「バラ図譜」商品一覧へ 

額絵ページトップへ


ルドゥーテ ボタニカルアート 植物画 バラの絵 花の絵 クラシック 額絵 なら・・・   額絵の店クラーベル 電話03-6277-3563

Copyright(C) クラーベル KLAVER All Rights Reserved. 当サイトの画像・文章の無断転載を禁じます。